炭酸水美容の魅力【保存版】〜ニキビも美白も乾燥も全部解決

毛穴がキュンキュン締まる炭酸水コットンパック

肌の血行を促すならコットンを使って手作りの炭酸パックを使うのもあり。開封済の炭酸水を使ってもいいし、何より低コストが魅力です。

炭酸パックを毎日続けたいけれど予算の都合上なかなか難しいという方は、「炭酸水を使ってコットンパックをする」と極めてシンプルなこの方法をぜひ試してみてください。

・炭酸水 50ml
・裂けるタイプのコットン1〜2枚

用意するものは上の2つだけです。炭酸水は未開封のほうがいいですが、開封済のものであってもかまいません。ということで次に紹介する手順でコットンパックを行っていきましょう。

炭酸水コットンパックのやり方

ということで、炭酸水コットンパックの使い方です。

1、炭酸水でコットンをひたひたにする。
⇒常温の炭酸水をコットン1枚にひたひたになるまでたっぷり含ませてください。

2、コットンを2枚に裂く。
⇒出来るだけ炭酸水を肌に密着させるためにコットンを裂いて薄くします。

3、頬や鼻など気になる部分に貼り、10分置く。
⇒コットンを軽く押さえてガスを抜き、気になる部位に密着させて10分程度置きます。

4、化粧水、乳液などで保湿する。
⇒炭酸水には直接的な保湿効果はないので、パック後はしっかり保湿します。

炭酸水コットンパックを行ううえでの疑問に回答!

使用する炭酸水は何を使ってもかまいません。二酸化炭素から期待できる効果は同じだからです。

多少ピリッとした刺激があるかもしれませんが、基本的に肌に悪い影響を与えることはないです。ただ、甘味料や香料、重曹を使った炭酸水は使わないようにしてください。

市販の炭酸パックに比べて炭酸濃度が低いのでは?という不安もあると思いますが未開封のペットボトル炭酸水であれば飽和状態を超える6000ppm程度ありますし、 開封後5分ほどは1,500〜2000ppmをキープしていて、開封後2〜3日なら1,000ppm程度の飽和濃度を保っています。

1,000ppm程度の飽和濃度というのは医学的に効果が認められている人工炭酸泉に近い濃度なので、これを使ってコットンパックをすれば十分美肌効果というのは実感できます。

なお、水洗顔に炭酸水で使う場合は、肌に密着させられる時間が短いので未開封の炭酸水を使うようにしてください。炭酸水を空けてコットン用に50ml程度とっておき、 残りのもので洗顔してから炭酸水コットンパックをするというのが理想的です。

「炭酸パックの評判は?」のその他メニュー