炭酸水美容の魅力【保存版】〜ニキビも美白も乾燥も全部解決

普通のパックと炭酸パックは何が違うの?

普通のパックと炭酸パックは何が違うの?

普通のパックは美容成分を入れたり、美容液を吸収させることを目的にしていることに対して、炭酸パックは炭酸の効果でお肌本来の持っている力を引き出すことが目的という点で大きな違いがあります。

炭酸パックを実際に使ってみると、肌にのせた際にまるで微炭酸の飲料なようなシュワシュワ感とパチパチ感を感じます。 これは、パックの中に二酸化炭素を発生する粒が入っているためです。

二酸化炭素が皮膚から吸収されると、それを排出させようと血管が拡張されて血行が促進されるので、結果、酸素や栄養素が積極的に細胞に充満して行くようになり、 肌が活性化されて新陳代謝も促されて生き生きとした状態になるということなんですね。

連続して炭酸パックを使えれば理想ですが、肌の調子が悪いとか化粧ノリの悪さを感じるときだけ使うという方法でもいいと思います。 というかそういう状態のほうがより炭酸パックの効果を実感できるはずです。

エステの炭酸パックと自宅用のものとの違いは?

エステの炭酸パックと自宅用のものとの違いは?

炭酸パックはエステでもコースの中に入っていることが多いです。

エステで使われている炭酸パックは、品質もよくエステで専売されていたり、エステ業務用ということで売られているものを使っています。

成分や得られる効果に違いはあまりないのですが、たっぷりムラなく使えることや肌の上で長く発砲する処方になっていること、 炭酸パックした後のスキンケアの効果もあって肌の仕上がり具合にはやはり違いがあるような気がします。

高いお金を払うだけの効果と満足度はやはりエステならではのものがあると思います。

ただ、スキンケアというのは続けてナンボのものですからその日だけキレイにしてもダメです。 継続性ということを考えると、やはり自宅での炭酸パックというのは欠かせないものになるのではないかと思います。

炭酸パックと炭酸水で洗顔する場合の違いは?

炭酸パックと炭酸水で洗顔する場合の違いは?

炭酸パックも炭酸水も得られる効果は同じです。

ただ、炭酸の効果をより実感するには10〜20分程度の時間、炭酸に顔や肌を浸ける必要があるので、それを考えると肌の上で長く発砲する処方になっている炭酸パックのほうがいいです。

ようするに炭酸パックの方が楽に炭酸の効能を得ることができるということです。

費用面では、炭酸パックの場合には一回当たり平均して1,000円程度かかってしまいますが、 炭酸水洗顔の場合にはだいたい100円程度でお肌をキレイにできますから炭酸水洗顔の方がリーズナブルではあります。

結論としては、効果効能と費用のバランスを考えて選択するのが良い方法になります。

炭酸パックは刺激はありませんか?敏感肌や肌荒れ時(生理前etc)にも使えますか?

炭酸パックは刺激はありませんか?敏感肌や肌荒れ時(生理前etc)にも使えますか?

炭酸水は、二酸化炭素を含有する弱酸性ということもあり、弱酸性の人の肌とは水素濃度がほぼ等しく、肌に対しての刺激は少ないはずです。

敏感肌の場合には強酸性物質に過剰反応を示しますが、弱酸性であれば、敏感肌の方でも肌荒れなどの症状が出ることは考えにくいです。

といっても実際使ってみるとピリッとした刺激を感じることがあります。ただ、使っていくうちに慣れて落ち着くことが多いです。

※炭酸以外に何か他の有効成分や美容成分が入っている場合はそれに反応しているケースあり。

パック後に赤みが出る場合は通常は5〜10分程度で消えると思いますが、赤みが残ったり、かゆみがでた場合は止めたほうがいいかもしれません。

炭酸そのものではなく、何か一緒に配合されている成分やパックの繊維が問題であることもあるので覚えておくといいと思います。

「炭酸パックの評判は?」のその他メニュー